abbvie

ベネクレクスタを服用されている患者さんのためのウェブサイト

文字サイズ
!特に注意が必要な副作用①

腫瘍崩壊症候群

腫瘍崩壊症候群はどうして起こる?

腫瘍崩壊症候群は、治療にともない、腫瘍(がん)細胞が急速に壊れるときに起こる副作用です。

  • 治療によってがん細胞が急速に壊れ、がん細胞に含まれている成分が、血液中に一気に、大量に放出されることにより引き起こされる副作用です。
  • 治療開始後12〜72時間(3日)以内に起きることが多いです。

腫瘍細胞が急速に壊れる→大量の成分が血液中に放出(尿酸、カリウム、カルシウム、リンなど)→腎臓でろ過しきれず血液中にたまる

!腫瘍崩壊症候群の予防

  1. 1ベネクレクスタ服用開始前に、がん細胞を減らすための治療を行うことがあります。
  2. 2ベネクレクスタ服用開始前から、
    処方された「高尿酸血症こうにょうさんけっしょう治療薬」を服用します。
  3. 3ベネクレクスタ服用中は、
    1日あたり1.5~2.0Lの水分を、毎日摂取します。

水分摂取のポイント

  • 治療開始前から水分補給を始めてください。
    水分を多くとることで、尿が薄められ、尿酸が結晶化しにくくなります。
    電解質のバランスが崩れることも予防します。

1日に1.5〜2.0リットル

入院中の方や、経口摂取が難しい方については、点滴による輸液投与が行われることもあります。

腫瘍崩壊症候群に関連する主な症状

混乱 息切れ 発作 不整脈 関節の不快感 発熱 さむけ 異常な疲労感 吐き気 嘔吐 尿量の減少 筋肉痛

このような症状がみられたら、すぐに医師や看護師、薬剤師に連絡してください。

腫瘍崩壊症候群で生じる体内での異常

  • 高尿酸血症(尿酸が増える)
  • 高カリウム血症
  • 高リン血症
  • 低カルシウム血症
  • 代謝性アシドーシス(血液が酸性になる) など

定期的に血液検査を行います ベネクレクスタによる治療前や治療中は、定期的に血液検査を行って、腎機能や血液検査値の変化などを確認しながら治療を進めます。

重篤副作用疾患別対応マニュアル「腫瘍崩壊症候群」平成30年6月改定(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1e41.pdf
(2022年6月17日利用)
田村和夫ら(編著):
がん患者の症状 まるわかりBOOK, 照林社, 2018, p482-485
ベネクレクスタ「適正使用ガイド」

このページの先頭へ

abbvie

本サイトは、ベネクレクスタを適正にご使用いただくため、ベネクレクスタを服用されている、あるいは服用される予定の患者さん、およびそのご家族の方を対象に情報を提供しています。

あなたは現在、ベネクレクスタを服用されている、あるいは服用される予定の患者さん、およびそのご家族の方ですか?

Copyright © AbbVie